手作り竹塩化粧水を作ってみよう



乾燥の季節はもちろん、日焼けの時期のスキンケアに!

手作り竹塩化粧水を作ってみよう






調味料としてだけでなく、入浴剤や歯磨き、石鹸やスキンケアなど様々な生活のシーンで活躍の「竹塩」。

酸化によるトラブルからお肌を守ってくれるその強い還元力は、幅広い形で応用が可能なんです。




 

簡単に作れる!「竹塩化粧水」


保湿が必要な乾燥した季節や、紫外線が強い時期による日焼けのケア、シミやくすみなどのエイジングケア、思春期のニキビケア敏感肌の方におすすめなのが、竹塩を使った「手作り 化粧水」。


竹塩が持つ「強い還元力」が、様々な肌トラブル(特に酸化によるトラブル)を強力にケアしてくれます。

(※メーカーによって竹塩の還元力も無いものから高いものいまで様々なので、ご注意ください。)


とても手軽で簡単なので、今回はジュゲンの竹塩で作ってみましょう。

 


 

「竹塩化粧水の作り方

それでは、今回はジュゲンの国産竹塩である「イヤシロソルト」を使って、これから乾燥の季節にも大活躍する

手作り竹塩化粧水」を作ってみましょう。

 

 まず、使う竹塩は「イヤシロソルトでももちろん良いですが、

 

 

 

 

今回は、より還元力が強力な、「超還元弥盛塩(ちょうかんげん いやしろそると)」で化粧水を作っていきます。


 

 


まず、準備するものはこのようになります。


準備するもの(竹塩化粧水200ml分)

・竹塩(今回は超還元弥盛塩を使用)・・・2グラム

・精製水・・・200ミリリットル

計量カップ、保存容器、コーヒーフィルター、フィルターペーパー



それでは、始めていきます。

まず「超還元弥盛塩」2グラムを、精製水200ミリリットルの中に入れ、よく混ぜます。

(竹塩水が出来ます。)





よく混ざったら、コーヒーフィルターを容器にセットし、

竹塩水を少しづつフィルターに流し込みます。





ろ過された竹塩水がどんどん溜まれば、炭もとれて無色透明の竹塩化粧水になります。





あとは保存容器に入れるだけで、「竹塩化粧水」の出来上がりです。

とても簡単ですね!






お気に入りのガラス容器などに入れ替えて使ってもいいですよね!






また、さらにおすすめなのは、アルコールの一種で保湿性や吸湿性に優れた「植物性グリセリン」や、

ラベンダーやローズなどお好みの「精油」を少量混ぜると、さらに保湿効果、アンチエイジング効果が高い化粧水にランクアップしますよ。

とても簡単ですので、竹塩を使ったオリジナルの手作り化粧水をお考えの方は、ぜひお試しくださいませ!